自分の良いところ

自分が挙げる

 

瞬発的な集中力がある

弱いものに優しい

この人と決めた人は全肯定できる

汚物にふれられる

たくさんのことに興味がある

大抵のものには肯定的

大抵の人に萌えられる

 

 

まやじが挙げる

 

乳が大きい

わりかし尻が軽い

声が多い

 

 

信濃大町 新生

今日会った素敵な人

 

鷹狩山にのぼるのにたくさん負けてくださったタクシー運転手のおじさん

友人Mのトイレ探しに奮闘してくださった送迎バスのおじさん

お話ししながらお茶や試食を出してくださったお土産やさんのおばさん方

気さくに話しかけてくださった焼き鳥屋のおじさんと、写真を撮ってくださったおにいさん

緊急で嫌な顔せず的確に対処してくださったみどりの窓口のおねえさん

 

信濃大町の街には心の優しい人が多すぎて、損得感情ではなく、人のためになる喜びのために働く人とたくさん出会い、主観でしか自分をみられない犬猫に憧れる、と話していた行きの電車までの自分はとても寂しい人間だと思いました。

 

どんなに他人に肯定されようとも、なぜか満たされないのは、自分の寂しさを一番自分が知っているから。なので、目先の楽さに囚われず、自分が自分を誇れるように生きないと、結局は、軽薄な生き方は回り回ってじわじわと自分を苦しめに来るみたいです。

 

f:id:khdd:20170625204352j:image

f:id:khdd:20170625204417j:image

 

しとしとと小雨の降り注ぐ、初夏の新緑の森を、柔らかく肥えた土を踏みしめながら歩いていると、霧のかかった冷たく澄んだ空気が心のズタズタになったところに染み渡って行くようでした。

 

この美しい空気が私の心の淀みを流してくれ、その隙間に、信濃の街の人々の親切心が流れ込んできました。

諦め掛けていた世の中は思っていたより優しく美しく、自分の人生はまだまだこれから、いくらでも取り返しのつくもののようです。

 

 

行動あるのみ、絶え間ない努力をすべし、人に優しく、他人に甘く、そんな自分なら肯定して堂々と生きていけるおもいます。

 

どこか、世の中から隠れるように生きてきた自分とさよなら。

 

新生。

いつも何度でも

f:id:khdd:20170625095748j:image

f:id:khdd:20170625095743j:image

f:id:khdd:20170625095747j:image

 

長野南部の風景

 

前々から企画してた長野日帰り旅

 

不幸にも雨だと思いましたが、車窓から見える景色は、雨上がりのしっとりした木々や、霧のかかる山々は、晴れた時にみる自然とはまたちがった癒しです。

しかも、出発直前に、長野で地震が発生、人の手の及ばない自然の中で、災害に合うかもしれないという、恐怖体感しました。

 

思い出すのは、犬夜叉

小6の時初めて読んだ犬夜叉の世界観は、日本の森や川生命力宿る瑞々しさと、妖怪の力の強大さ、それに翻弄される人間たちの、姿に魅力されたものです。

 

いま、その、ただ、明るくて美しいだけでない、自然の景色とそこに暮らす人人の姿に、力を与えてもらいながら、長野に着くのを待っています。

 

 

 

 

ストレス対策

 


▼15min/day 感情を書き出す

継続する。始めは苦しいが、一週間後ぐらいから楽になる

 

▼強いポーズをとる

ストレスホルモン(コルチゾール)↓

 

▼大きな声を出す。キチゲ発散。

 

▼お母さんと話す

コルチゾールオキシトシン

 

▼社会的地位が下がると、NK細胞の活性↓

 

▼9歳でデブと言われた子は19歳でもデブの確率が高い